業者にお願いするクレジットカード換金マニュアル

クレジットカードの換金の仕組みとは

クレジットカードはとても便利に利用することができるアイテムです。
さらに便利に利用することができるための方法として、クレジットカードの現金化が挙げられます。
どうしても手元に現金がないけれど急にお金が必要になった、急な出費ができてしまったというような時に、手軽に利用することができ、また手軽にお金を準備することができるものとなっています。

▼ 目次

クレジットカード現金化の方法

クレジットカードを持っていればとても簡単に現金化をすることができます。
自分で現金化を行う方法と、クレジットカードの現金化業者に依頼をすることで現金化を行う方法があります。
でもそもそもクレジットカードを現金化するということはどういったことになるのでしょうか。
クレジットカードの現金化の仕組みについてご説明したいと思います。

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードについているショッピング枠を現金に換える方法になります。
通常、クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がついてきます。
ショッピング枠は限度額が指定されており、その限度額内でショッピングを行うことができる枠となっています。
キャッシング枠は借り入れを行うことができるものであり、もちろんこのキャッシング枠にも限度額が設けられていて、その限度額内で借り入れを行うことができます。
クレジットカードの現金化ではこの中のショッピング枠の方を利用することとなります。

クレジットカードのショッピング枠を使って、ある商品を購入しその商品を買い取ってもらうことで現金をすぐに手にすることができるという方法になります。
現金がすぐに手に入るので、どうしても現金が今すぐに必要であるという方にはおすすめな方法ですね。
ですがもちろんクレジットカード会社からの請求があとからやってきますからその返済は必ず確実に行わなければいけません。
ですので計画的に利用されることをおすすめします。

クレジットカードの現金化業者に対して現金化の依頼を行うという場合には、まずはクレジットカードの現金化業者を見つけて申し込みを行う必要があります。
そして業者に依頼する場合のクレジットカードの現金化は、買取型のクレジットカード現金化と、キャッシュバック型のクレジットカード現金化の二種類があります。
業者によって行っている種類が異なります。

依頼する業者が決まったら申し込みをして、あとは業者に指示に従って行動を行います。
クレジットカードを使って業者に指定された商品を購入します。
そしてその商品を業者に買い取ってもらい、お金を銀行口座に振り込んでもらうことで現金を受け取ることができるという流れになります。
それからまたキャッシュバック型の場合では、業者から指定された商品自体にキャッシュバックが付帯しているので、商品を購入したことによってキャッシュバック制度があり、そのキャッシュバックによってお金が銀行口座に振り込まれるという流れになります。
クレジットカードの現金化の仕組みに関してはこういった内容になっています。

自分でクレジットカード現金化を行う

業者に依頼することなく、自分でクレジットカードの現金化を行いたいという場合ももちろん自分で行うことができます。
ただクレジットカードのショッピング枠を使ってショッピングをする際の商品は自分自身で探さなくてはいけません。
少しでも高いお値段で売ることができる、還元率の高い商品を探して購入する必要があります。
また売却先の業者に関しても自分自身で探す必要があります。
比較的手間がかかるというデメリットがあります。
自分自身で行う場合には、新幹線などのチケットがクレジットカードの現金化に利用するための商品として人気があるようです。

現金化は法律的には違反?

またこういったクレジットカードの現金化は法律的には違反ではありません。
ですが法は犯していないもののクレジットカードの発行元会社で禁止されているケースが一般的です。
クレジットカードの発行元会社がクレジットカードのショッピング枠の現金化を禁止しているということで、規約違反となり、クレジットカードの発行元会社に現金化を目的としてクレジットカードを利用しているということがばれてしまった場合には、クレジットカードの利用自体を停止されてしまう恐れがありますのでご注意ください。

クレジットカードの利用自体が停止となってしまいますと、もちろん社会的信用問題にもかかわってきてしまいますし、それからまた日常生活においても非常に不便に過ごすことになってしまいます。
ですので安全にクレジットカードの現金化を行うことができるクレジットカードの現金化業者を利用されることをおすすめします。

またクレジットカードの現金化業者の中には残念ながら悪質な行為を行うような業者もいらっしゃいます。
ですのでそういった業者に引っかかってしまわないように注意する必要があります。
悪徳業者を利用すると詐欺の被害にあってしまう可能性もありますのでご注意ください。